はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

【喪主体験談】母子家庭だったので22歳で喪主になった。事前に葬儀屋を決めておくと誰かが亡くなった時に役立ちます。

      2016/02/20

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

岩手県在住の方の体験談です。
葬儀にかかった費用は80万円前後。

22歳ごろに母親が急な病気で前触れもなく亡くなり、母子家庭だったこともあり自分が喪主となりました。
大学生で実家を離れていたこと、母親の職場が飲食業で法事の場所を提供してもらったこと、親戚がその当時はまだ元気な人が多かったことなどもあり、喪主としては弔問に訪れてこられた人への挨拶ばかりしていたような記憶がほとんどです。
今振り返ると本当に多くの人の協力があったおかげで、その時は喪主としてやりこなせたと思います。
母親の交友関係がとても多かったこともあり、葬儀で150〜200人程度の来場があり、お寺の本堂があらかた一杯になってしまって若干バタバタとしたことも記憶に残っています。

それから15年ぐらいして、同居していた祖母が亡くなり2度目の喪主をしました。
こちらも急に亡くなったのではあったのですが、高齢だったこともありある程度覚悟はしてたこと、祖母本人からこういう事態になったらこんな感じでして欲しいというような話を聞かされてたこと、過去に既に喪主をしていたこともあり、あまりとまどうことなくお葬式に関わる一切を進行出来たと思っています。

 2回目の喪主の際は葬祭サービスに一式の手伝いをお願いするような形だったことも、比較的に樂に進行できた要因の一つだとは思うのですが、亡くなってすぐに、自分が相当動揺してる状態ですぐに業者さんを選ぶ必要があるので、この手のサービスをしている業者さんの心あたり程度は事前に行っておいたほうが良いかと思います。
自分のところは特段特別なお葬式に関連する行事などはないのですが、同じ県内でも地域によっては大きく手順が異なることもあるようなので、他のかたのお葬式に参列するような際にその地域の手順を確認しておくのも、その後の役に立つかもしれません。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - 喪主をした人の体験談