はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

危篤の知らせを受けた場合の対処方法

   

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

知らせを受けたら冷静に判断して対処しましょう。
危篤の知らせを受けた場合はただちに駆けつけるのが基本です。
訃報の場合は故人と自分との関係や喪主・遺族などの意向により対応も異なります。

近親者が危篤・臨終の場合の対応方法

まずどこに行けばよいのか(病院か自宅か?)を確認し、次に通やの日時・場所を確かめます。
他へ連絡すべきかどうかも尋ね、必要であれば連絡係を引き受けましょう。
通やの準備を手伝うつもりで、できるだけすぐに駆けつけます。
その為、服装は華美でなければ平服でも構いません。

遠方の場合

万一の時を考えて喪服も用意します。
ただし、先方への気遣いを欠かさぬ様にしましょう。

・宅配便ですぐに送れるように準備し、家族や近所の人に預けておき場合によっては近所の人に送ってもらう。
・後から来る人に託す
・駅のロッカーに入れておく(この方法が一番良いかと思います。)
などの配慮をしましょう。

親しい隣人が危篤・臨終の場合の対応方法

隣近所誘い合わせて、すぐに出向いて玄関先でお悔やみを述べます。
場合によっては手伝いを申し出てもよいです。
特別親しい間柄でなければ玄関で弔意を伝え、通夜や葬儀・告別式に弔問しましょう。

人づてに聞いた場合

通夜や葬儀・告別式の日時、場所、宗旨、形式などを確認し、故人との関係の深さで通夜た葬儀に参列するかどうかを判断しましょう。

会社関係の人が危篤・臨終の場合の対応方法

死亡直後の弔問は避け、通屋が始まる時刻に弔問しましょう。
香典や供物に関しては会社の規則や慣例に従います。
⇒他の会社の人と金額を合わせて包むようにしましょう。

通夜や葬儀・告別式に参列できないときは弔電を

結婚式と葬儀が重なった時は、弔辞を優先させましょう。
通夜か葬儀・告別式のどちらかに参列するようにします。

事情があって通夜や葬儀・告別式に参列できない場合の対応方法

とりあえず弔電を打ち、弔意を伝えましょう。
親しい間柄の場合は、あらためて手紙でお悔やみを伝えましょう。
弔電は遅くとも葬儀の前日までに届くように申込をします。★

喪主宛に送りますが、喪主の名前がわからない時は、故人の指名に『ご遺族様』をつけて送れば大丈夫です。

お悔やみの言葉は弔辞を込めて簡潔に

弔問で遺族と顔を合わせたら、話し込んだりせず手短に
『このたびはご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます』
『たいへん残念に思います。心よりご冥福をお祈り申し上げます』
『どうぞお力落としのございませんように』
などのお悔やみの言葉をかけて弔意を伝えましょう。
言葉が見つからない場合は黙礼でも問題ありません。

すすめられたら謹んで故人と対面をさせてもらいましょう

故人と親しかった場合、遺族から最後の対面をすすめられることがあります。
その時は謹んでお受けしましょう。
どうしても気持ちの整理がつかない場合や、生前の元気な姿を記憶にとどめておきたい時は、辞退しても失礼にあたりません。
『かえってつらくなるので』などの言葉を添えて、遺族の配慮を傷つけないように心がけましょう。

反対に遺族がすすめないのに対面を申し出るのは失礼に値しますので、注意しましょう。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - 弔問する時のマナー