はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

費用や時間、条件に合わせた葬式プランと種類の紹介

   

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

現代では、社会や個人の価値観の変化により、しきたりにこだわらない様々な形の葬儀が増えています。
高齢化・核家族化などの社会変化にともなって、葬式を社会的な宗教儀式ではなく、大切は『個人との別れ』としてとらえる傾向が強くなっています。
そのため、最期まで自分らしく(故人らしく)逝きたい(送りたい)という思いから、さまざまな葬儀形式の選択がおこなわれるようになってきました。

親しい人だけで見送る『家族葬』

家族葬
なかでも最近とくに増えているのが家族や近親者だけでおこなう『家族葬』と呼ばれる形式です。
家族葬は故人も喪主も高齢であったり、故人や遺族の意志で葬式は簡素におこないたい、あるいはできるだけ負担を少なくしたいなど、さまざまな理由で少人数での葬式を望む要望に応えて、葬儀社が1990年代に生み出した言葉です。

家族葬には決まった形式はありません。
そのため、無宗教にしたり葬式、葬式そのものを省略して火葬だけをおこなう場合もありますが一般的には家族やごく親しい人たちが集まって小規模におこなう葬式のことをいい、葬儀自体は仏式や神式など、それぞれの宗教にのっとっておこなわれる事が多いです。

遺族や近親者のみでおこなう『密葬』

『密葬』は告別式をしないで、遺族や近親者のみで葬儀を執りおこなうことです。
家族葬と似ているため混同しがちですが、密葬は次のようなケースで告別式の前に火葬をおこなう必要があり、日をあけてあらためて本葬をおこなうのでが前提です。

・故人の遺志や遺族が希望するとき
・遠隔地で亡くなったとき
・年末年始(松の内)に亡くなったとき
・企業や団体のトップ、あるいは有名人などでのちに社葬・団体葬・お別れ会をおこなうとき
・自殺や不慮の事故、伝染病などにより死亡したとき

ただし、最近では故人や遺族の希望により本葬をおこなわないことも多く、会葬者に告知をしない場合は密葬と呼ぶ事が多いようです。

家族層や密葬では葬式が終わるまで、ごく親しい人以外には故人の死を知らせない事が多いので、遺族は時期を見て死亡通知を出します。
亡くなったことや家族葬や密葬でお別れをしたこと、場合によっては納骨をすませたこと、香典や供物を辞退する旨などを明記し、生前の厚意に対する感謝の言葉も添えます。
家族葬や密葬の形をとった理由も簡単に記すとよいでしょう。

現在も地域によっては主流になっている『骨葬』

『骨葬』とは亡くなったあと、早めに火葬をすませ日を選んであとでゆっくり葬儀をおこなうもので、葬儀にいたいの代わりに遺骨が安置されます。
東北地方や中部地方などで多く見られる形式で現在では日をあらためず、通夜の翌朝出棺して火葬し、午後から葬儀・告別式をおこなうのが一般的です。

一説によると骨葬は昔、半農半漁などの忙しい地域でもおもにおこなわれた方法で田植えなどの繁忙期には葬儀とはいえ手を休めることができなかったり、現在のように遺体を保存することが難しかったために骨葬の風習ができあがったといわれています。
現在もその風習を受け継いで骨葬をおこなう地域は少なくありません。

元気なうちに自分でお別れする生前葬

生前葬
『生前葬』は自分が元気なうちに友人やお世話になった人々を招いてお別れの式典を催すもので、生前に自らの手で葬儀をおこなって、安心して旅立ちたい、という考えから生まれました。
大がかりでなくても『お別れ会』という形で本当に見送ってほしい人たちだけに来てもらい、感謝とお別れの言葉を伝えておくのも心残りがなく、ひとつのよい方法といえるでしょう。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - 遺族としてのマナー