はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

遺族が葬式後にやることのまとめと知っておきたいマナー

   

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

葬式が終わっても、遺族にはさまざまな仕事が残っています。
もれがないよう、必要事項を整理しておこないましょう。

事務の引き継ぎは葬式後すみやかにしましょう

精進落としが終わると、喪家の実務を担当してきた世話役もその役目を終えます。
後々の面倒やトラブルを避けるためにも喪家はできるだけ早く、できればその日のうちに事務を引き継ぎ、世話役をはじめ各係やお手伝いの人たちの労をねぎらいます。

また、飲食代やタクシー代、文房具代などを葬儀中に立て替えてもらっている場合が多いので遺族側は忘れずに精算を申し出るようにしましょう。
少額で領収書をもらっていない場合も必ず支払うようにします。

香典の引き継ぎはとくに注意しましょう

葬式後にやる遺族がやることのまとめと知っておきたいマナー

香典は正確な金額を確認したうえで現金で香典袋、香典帳を引き継ぎます。
香典のなかには時折、中袋に書かれた金額と中身が一致しなかったり、中身を入れ忘れているものがあります。
本来はそのようなことがないようにいただいた香典はすぐに不潔家で中袋と中身・氏名を確認し、持参した本人に確かめるべきですが、弔問客が多く、受付が混んでいて本人に確認することができないこともあります。
引き継ぎの際には、あとでトラブルにならないように必ず書かれた金額と集まった金額が同じかどうかをチェックし、違う場合は原因を確かめてから引き継ぎましょう。

葬式後に引き継ぎする事項

□香典、香典帳
□供物・供花帳
□会葬者名簿
□弔辞・弔電
□会計書類(買い物明細、納品書、領収書、請求書)
□立て替えた支払いの精算

当日に使える印刷用データを用意したのでご利用下さい。
⇒ 葬式後に引き継ぎする事項の印刷用データ

引き継ぎの際、実際に会葬者と接した各係から気づいたことなどを聞き、メモをとっておくと会葬者にお礼のあいさつをする際に役立ちます。

支払い

葬式後にやる遺族がやることのまとめと知っておきたいマナー
葬儀費用には葬儀社をはじめさまざまな支払いがあります。
その場で支払うものと後日請求書が送られてくるものがありますが、いずれにしてもできるだけ早めにすませましょう。

葬儀社への支払い

葬儀社からの請求書は葬儀後数日で届きます。
請求書と明細の内容をよく確認して支払います。
とくにお世話になった担当者には心づけを包む場合もあります。

仕出し・酒屋などの飲食代の支払い

通夜ぶるまいや精進落としの料理・飲み物代は葬儀社の斡旋で注文した場合、葬儀社からの請求に組み込まれているのが一般的ですが、それ以外の店に注文した場合は支払いの確認がひつようです。
注文・予約時に前払いで支払う場合、配達時に支払う場合、後日集金や請求書によって支払う場合などがあります。
通常の出前や仕出し以外に食器を借りたようなときは心づけを包むとよいでしょう。

宗教者へのお礼

本来は葬儀の翌日あいさつ回りで渡すものですが、最近は葬儀のあとにあいさつして渡すのが一般的です。

世話役へのお礼

精進落としが世話役や各係へのお礼とする考え方もありますが、時間を割いて労を執ってくれた人たちに感謝の気持ちを込めて心づけを渡す場合が多いようです。
本来は宗教者へのお礼同様後日のあいさつ回りであらためて渡すものですが、当日渡したほうが互いに時間もとられずよいでしょう。
白封筒に『御礼』と表書きします。

金額のめやす

・世話役には5千円〜1万円
・各係には2千円〜1万円

相続に備えて収支はきちんと整理をしましょう

葬式後にやる遺族がやることのまとめと知っておきたいマナー

通夜や葬儀・告別式にかかった費用は、遺産相続の際にかかる相続税の控除対象となります。
できるだけ詳しく詳細を記入した出納帳を作り、請求書や領収書を整理して一緒に保管しておきましょう。
また、僧侶へのお布施など、宗教者へのお礼も控除対象になりますので、必要な場合は寺や教会に申し出て、領収書を出してもらいます。
ただし、香典返しの費用は葬式費用に含まれないので注意をしましょう。

あいさつ回り

葬儀・告別式の翌日には喪主が葬儀でお世話になった人々のところへあいさつに回ります。
本来は喪主と遺族代表がふたりで寺院もしくは神社・教会へお礼にうかがいますが、最近は僧侶や神官、神父、牧師へのお礼は葬儀当日にすませ、あいさつ回りでは省略されることも多いようです。
世話役代表や町内会役員、会社関係、通夜、葬儀・告別式を手伝ってくれた人、強力してくれた近隣の家にもお世話になったお礼として品物や現金を持参し、喪主が直接あいさつします。
喪主が未成年や高齢者の場合、遺族代表が出向きます。

あいさつ回りをするときは必ず先方の都合を聞き、予定をあわせます。
葬式の翌日か翌々日、遅くとも初七日までにはすませておきましょう。
服装は準喪服か2、3日後には地味な平服が自然です。
あいさつをしたら、早めに切り上げます。

遠隔地などで訪問できない場合は、電話でお礼を述べてもよいでしょう。

あいさつには適宜品物や現金を用意する

あいさつの際はお礼の言葉とともに適宜、品物や現金を渡します。

故人の連絡先にあいさつに行くときは、あらかじめ総務課なでに電話で連絡を入れてから出向きます。
その際、必要な手続きなどがあるか確認しておきましょう。

また、自宅で葬儀をおこなった場合、近所の人に食器類を貸してもらったり、テントや駐車場を使わせてもらったりした場合には2千円〜1万円程度の商品券、ビール券、あるいは菓子折りなどをお礼に持参するのが適当です。
葬儀の際、車の出し入れなどでも迷惑をかけているので、ふだんあまり付き合いのない場合も必ずあいさつに出向きましょう。

おもなあいさつの回り先

・寺院、神社、教会
・世話役代表、葬儀委員長
・故人の恩人
・勤務先(直接の上司、同僚)
・町内会役員
・葬儀でとくにお世話になった人
・隣近所
・病院、医療関係
病院や死亡診断に来てもらった医師への心づけは不要ですが、何となく気がすまない場合は菓子折り程度のものを持参してもよいでしょう。

礼状

香典や供花、弔電などをいただいた際には、あいさつ回りの代わりに礼状を出します。
本来、一人ひとりにあて先を書いてだすべきものですが、最近では通夜・葬儀・告別式に参列してくれた人には帰りに会葬礼状を手渡し、あいさつとします。

会葬礼状は葬儀社にあるひな形を利用してもあるいは自由な文面でまとめてもかまいません。
グレーの枠のある私製はがきに印刷し、角封筒に入れて渡すようにします。
差出人は喪主・親戚一同・葬儀委員長などの連盟にします。
礼状の文中には句読点を用いず、句読点が入るところは一時分あけて書くのが正式です。

弔辞をお願いした人には、翌日あいさつにうかがうか、弔辞のないように触れて感謝の気持ちを伝える礼状を一般のものとは別にしたためます。

また、参列できずに供花や弔電、香典などを贈ってくれた人にはお礼状を送りましょう。
お礼状には、香典・供花・弔電などをいただいたことへの感謝とともに、葬儀終了へのお礼などを盛り込みます。

会葬礼状と弔電・香典へのお礼状のサンプルを用意したのでご利用下さい。
⇒ 会葬礼状の一礼(仏式・神式の場合)
⇒ 弔電・香典へのお礼状の一礼

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - お葬式について