はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

忌明けにおこなう納骨についての知識・流れ・知っておきたいマナー

   

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

忌明けにおこなう納骨の流れと知っておきたいマナー

納骨に期限はありませんが、忌明けのことにおこなうのが一般的です。
お墓を新たに設ける場合は、納骨まで自宅か寺院などの納骨堂に安置します。

遺骨は法要に合わせて納骨するのが一般的

火葬場で骨壺に納めた遺骨はしばらくの間自宅で供養したり、寺院などにあずかってもらった後にお墓や納骨堂に納骨します。
基本的に納骨の時期に決まりはありません。
キリスト教式や神式の場合、本来は葬儀・火葬後すぐに埋葬・納骨をしますが、日本では火葬後にいったん自宅に引き取り、それぞれの宗教で節目となる法要などのタイミングに合わせておこうなうのが一般的です。

納骨の際は
・死体埋葬許可証
・印鑑
が必要になります。

場合によっては墓地の『使用許可証』などが必要なこともありますから、納骨の日が決まったら寺院や墓地の管理事務所に連絡し、必要な書類・手続きを確認しましょう。
四十九日に納骨する場合は、白木の仮位牌を漆塗りの本位牌に作り替えます。

また、石材店にも連絡し、納骨の日に合わせてお墓のカロート(骨壺を納める納骨堂)を開けてもらったり、墓石・墓誌に故人の戒名などを彫ってもらうなどの準備をします。

納骨の仕方

忌明けにおこなう納骨の流れと知っておきたいマナー

仏式の場合

・初七日から四十九日(一周忌や三回忌の場合もある)に行う。
・①墓に骨壺を納める⇒②卒塔婆を墓石後方に立てる⇒③墓前に生花や線香を供える⇒④僧侶が読経をし、参列者は焼香する⇒⑤合唱礼拝
・焼香の道具(線香・マッチ・ろうそく)、花などを持参する。

神式の場合

・葬儀当日または十日祭から五十日祭までの霊祭に行う。
・①遺骨を墓石の前に安置⇒②墓所の左右に榊、銘旗、花を対象に飾り、神饌を供える⇒③神職がおはらい玉串奉奠⇒④参列者が参拝して玉串を捧げる
・玉串、榊、銘旗、花を持参する。

キリスト教式の場合

・カトリックは1ヶ月後の追悼ミサ、プロテスタントはおおむね1ヶ月後の昇天記念日に行う。
・神父・牧師立ち会いのもと、聖歌・賛美歌を歌い、神父・牧師による聖書朗読、祈りを捧げて終了。
・花(白いカーネーション・百合・菊など)を持参

すぐに納骨できない場合は一時的にあずかってもらう

すぐに納骨できるお墓がないときなどは、一時的に寺院や霊園の納骨堂にあずかってもらうこともできます。
ただし、その場合は3年程度の期限があることが多いので、一周忌や三周忌をめどに正式に納骨します。

継承者がいないなどの理由で、今後もお墓を建てるつもりがない場合は、納骨堂に『永年(永代)納骨』をする方法もあります。
はじめに『一時(期限付き)納骨』なのか『永年(永代)納骨』なのかをはっきりさせてお願いをします。

納骨では施主や遺族は喪服が基本

納骨では施主や遺族は喪服が基本

納骨は身内だけでおこなうことが多いため、僧侶や神職、神父・牧師とも相談して決めます。
施主や遺族の服装は、喪服が基本です。
参列者の場合は地味な平服でかまいませんが、四十九日などの法要を兼ねる場合はそちらに準じ、喪服やそれに近い服装が多いようです。

仏式の場合は忌明けの四十九日の法要に納骨することが多く、本道で法要をし、その後にお墓に出向いてお経をあげてもらいます。
納骨後は参列者の労をねぎらい、茶菓や軽い軽食などの席を設けます。
会食のはじめと締めに施主があいさつをしますが、内輪の席なので形式を気にせずに列席のお礼を簡単に述べましょう。
会食後は引き物を渡します。
忌明け前の納骨の場合は『祖供養』、忌明け後は『忌明志』としますが『志』はどちらの場合でも使えます。

遺骨を運ぶ時は手放さないように注意

教理の墓地など、遠隔地に遺骨を運ぶ時は縁の深い人がふたり以上で出向きます。
移動中は遺骨を空席や網棚などにおかず、手元から離さないようにします。

あらかじめ分骨の意思があるときは葬儀社に相談して火葬場で分骨してもらいますが、いったん遺骨を自宅に安置したあとで納骨前に分骨したいときは、菩提時に相談し、お経をあげてもらいながら分骨します。
納骨後に分骨したい場合は、墓地管理者から分骨証明書を発行してもらい、その証明書を持って分骨先に納めます。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - 遺族としてのマナー