はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

納骨後の供養の仕方と日常の宗教・宗派ごとの追悼方法

   

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

納骨後の供養の仕方と日常の宗教・宗派ごとの追悼方法

納骨後の日常では、形式よりm遺族が心を込めて追悼することが大切です。
宗教・宗派ごとに供養や日常の追悼の方法が違うので、それぞれ紹介します。

仏教の場合

納骨後の供養の仕方と日常の宗教・宗派ごとの追悼方法[仏教の場合]

納骨がすむと葬送の儀式は一段落してお彼岸やお盆、法要以外は日常での追悼になります。

仏教の場合、仏壇を安置して宗派ごとの本尊と位牌をまつります。
本来、仏壇は仏間安置するものですが、最近は仏間のある家が少ないため、できるだけ直射日光があたらず、落ち着いた部屋に安置します。

仏壇を買いたくない、狭くておく場所がない、という場合は無理に仏壇を用意しなくても、故人の遺影に花を手向け、手を合わせて語りかけるだけでもかまいません。
重要なのは、故人を哀悼する気持ちです。
最近では、住宅事情に合わせたミニ仏壇などもあるので、検討してみるとよいでしょう。

家に仏壇がない場合は、その家で初めて不幸があり、新仏ができたときに仏壇を購入します。
その場合は位牌が白木の仮位牌から塗り位牌に変わる四十九日の忌明けをめどにするとよいでしょう。
仏壇と一緒に仏壇にまつる本尊や仏具も揃えます。
これらは宗派によって決まりがあり、仏具店では宗派別に陳列されていますので、わからなければ菩提寺の僧侶や仏具店の人に相談するとよいでしょう。
新しい仏壇、本尊などは僧侶に依頼して開眼供養(仏壇開き)をしてもらう必要があります。

仏壇は大きく分類すると『塗り(金)仏壇』と『唐木仏壇』、そして新しい『家具調仏壇』の3種類があります。
塗り仏壇は杉や松材に漆を塗って金箔押ししたもの、唐木仏壇は黒檀や紫檀を用いてつくったもの、そして素材にこだわらずフローリングの部屋にも置けるような家具調のものです。
家の広さや置く場所を考慮して、宗派に合ったものを選ぶようにしましょう。
価格は大きさや素材によって幅があり、数万円から数百万円までありますが30〜50万円のものが主流です。

神式の場合

納骨後の供養の仕方と日常の宗教・宗派ごとの追悼方法[神道の場合]

神道では神棚は天照大臣や氏神をまつるものなので、別に『祖霊舎』をもうけ、これは『御霊舎』とも呼ばれ、仏式の仏壇にあたるものでそこに霊璽(仏式の位牌にあたるもの)を安置します。

五十日祭から百日祭までの間に、霊璽を仮御霊舎(かりのみたまや)から祖霊舎に移す『合祀祭』をおこないます。
霊璽に故人の御霊を移し、家でまつることで故人や祖先はその家の守護神となり、子孫を守るといわれています。
一般的には神道の忌明けとなる五十日祭に合わせておこなうことが多いようです。

祖霊舎を新しく用意する場合は神職にお祓いをしてもらい、神棚より低い位置にまつります。

毎朝神饌を供え、二礼二拍手一拝の礼拝をします

祖霊舎には毎朝、土器に神饌(洗米または炊きたての最初のご飯、塩、朝一番にくんだ初水)を盛って供え、榊の水を替え、灯明をともして二拝二拍手一拝の礼拝をします。
洗米や水は毎日取り替えますが、榊は月の一日と十五日に替えます。
土器の並べ方は宗派によっても異なるので、わからない場合は神職にたずねましょう。
ほかに、季節のものや故人の好物をお供えしてもよいでしょう。
祖霊舎の扉は常に開けておきます。

おまいりの前には顔、手を清め口をすすぐことを忘れずにおこない、お供えを盛る器もきれいに洗います。
夕方も同様に礼拝し、朝供えたものを下ろします。
洗米、塩は料理に使い、水は植木などにやるとよいでしょう。
おまいりするときは、神棚を先に、そのあとに祖霊舎に礼拝します。

祖霊舎はまつる位置にも注意が必要

神棚はふつう世帯をわけたときに新しくもうけたり、家を新築したり事務所開きなどのときに購入します。
鴨居を利用して南向き、または東向きにつり、そこに神具を置きます。

仏教との家でも神棚を置きますが、まつる位置に注意します。
仏壇は神棚よりも低い位置に安置し、向かい合わせにならないようにします。
どちらかを拝むときにもういっぽうに背を向けることになるからです。

キリスト教式の場合

納骨後の供養の仕方と日常の宗教・宗派ごとの追悼方法[キリスト教の場合]

キリスト教の場合は教会で神に祈ることが信仰の中心となるため、仏教や神道のように死者を供養したり、まつる習慣はありません。
しかし、故人を偲び、思い出しながら祈ることは神とつながるkとにもなるため、日々の礼拝のために祭壇をもうけることは認められています。

キリスト教式の用具の専門店では、仏壇と同じようにタンスの上に置くタイプや床に置く大きめのものなど、いろいろなサイズの家庭用祭壇を販売しています。
燭台や香炉、洗礼名を記した位牌などを置くようになっていますが、祭壇の形式や飾り方にこれといった決まりはありません。
特別に祭壇をもうけなくても、家族が集まる今などのタンスやサイドボードの上をきれいに片付け、故人の思い出の写真を飾り、故人が好きだった食べ物や花を供え、朝に晩にまた食事の前などにも祈りを捧げるとよいでしょう。

教会でおこなわれる日曜礼拝には必ず出かけ、神に祈ると同時に故人をしのびます。
また、カトリックでは11月2日は『死者の日(万霊節)』になっており、すべての死者の魂のために祈りを捧げ、お盆のようにこの日にお墓まいりをしたりします。

無宗教の場合

無宗教の考え方は非常に自由です。
市販の祭壇を置いても、手作りの祭壇を設置してもかまいません。
また、特別に祭壇を用意しなくても、家族が集まる場所、または故人にゆかりのある部屋に遺影を飾り、生前の趣味に関係のあるものや好きな食べ物、お酒などを供え、日々手を合わせて祈るだけでも供養になり、遺された家族は癒されます。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - 葬儀が終わった後にやること