はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

キリスト教式・無宗教における法要の流れ(手配)・お布施(謝礼)やかかる費用・押さえておきたい知識とマナー

   

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

キリスト教式・無宗教における法要の流れ(手配)・お布施(謝礼)やかかる費用・押さえておきたい知識とマナー

キリスト教の場合

キリスト教では基本的に死後何年にもわたる追悼儀礼はなく、仏式や神式に比べると故人の法要にいたってシンプルです。

カトリックの場合

死後3日目、7日目、30日目に教会の聖堂に親族、友人、知人が集まり、司祭の司式で『追悼ミサ』がおこなわれますが、最近は3日目、7日目のミサを省略することもあります。
この後は1年ごとの昇天記念日に集まって追悼会が開かれます。
1年目を盛大におこなうのが一般的ですが、本来キリスト教には追悼儀礼についての決まりはなく、そのため10年目、20年目などの区切りのよい年を選んで自宅や教会で追悼ミサをおこなうことが多いようです。
ミサの式次第は葬儀のときとほぼ同じです。

また、毎年11月2日は万霊節で聖堂では死者のための追悼ミサがおこなわれます。
この日の前日、もしくは前々日には墓地の掃除をし、当日は花を持って墓参したあと追悼ミサに参列します。
ミサのあとは茶話会が催されます。

プロテスタントの場合

亡くなって1ヶ月後の昇天記念日(召天記念日)に『記念式』がおこなわれます。
教会か自宅に親族、友人、知人を招いて牧師の司式で始めます。
自宅でおこなう場合は祭壇をつくり、遺影と花、故人が好きだった食べ物などを飾ります。
記念式のあとには茶話会が開かれます。

プロテスタントの場合もとくに決まりはありませんが、亡くなってから数年間は毎年昇天記念日に記念式を催したり、3年目や7年目に記念式をおこなうなど遺族の希望に応じて故人をしのぶ好きを催すことが多いようです。

無宗教の場合

無宗教葬をおこなった場合も葬儀後しばらくしてから、しのぶ会やお別れ会という形で追悼の集まりが開かれることが多いようです。
死後1〜2ヶ月あるいは1年目の命日などに遺族や友人などが中心となって、遺族主催または会費制の会が開かれます。
形式もまったく自由で会場もホテルやレストラン、あるいは故人と縁の深い思いでの場所で故人をしのびながら会食をしたり、追悼の会を開きますが無宗教葬を選ぶ場合はあらかじめ何らかの追悼方法を計画しておくとよいでしょう。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - 葬儀が終わった後にやること