はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

弔問する時の服装について

   

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

最近は昼間の葬儀・告別式にはでられなくても通夜だけに参列することも多く、通夜にも喪服で参列する弔問客が増えています。
とはいえ、本来通夜はとりあえず駆けつけるものなので、地味な平服でも失礼にはあたりません。
ダークグレー、濃紺、焦げ茶などのスーツ、ワンピース、アンサンブルなどが無難です。☆

左腕の喪章は喪家側の人がつけるもの

仕事帰りに通夜にかけつけることになった場合、男性はワイシャツを白、ネクタイを黒に替え、光るネクタイピンをはずして参列します。

女性は薄化粧にしてアクセサリーを外し、長い髪はまとめましょう。
濃い色のマニキュアやネイルアートは落としましょう。

また喪章をつければ略式の喪服として見なされるので、平服で参列する場合は喪章をつけるとよいと言われる事がありますが、本来、喪章をつけるのは喪家側の人のみです。
なので弔問客はつけません。

近所の人が裏方を手伝う場合に腕に喪章をつけるのも弔問客ではなく、喪家側の一員であることを示す為です。
ただし、これは地域によりしきたりが異なる為、迷ったときは会場の係の人や知り合いに確認をするとよいでしょう。

なお、喪章をつけるのは左腕、喪章代わりに女性がリボンをつけるのも左胸とされています。

弔問客は略式喪服

弔問客の喪服は略式喪服です。
正式な喪服は、喪主・遺族・世話役代表など喪家側が着るものなので、弔問客が遺族より格上にならないように注意しましょう。

男性の場合

ブラックスーツに白無地のワイシャツ、黒のネクタイ、タイピンはつけず、靴と靴下も黒に揃えるのが基本です。★

女性の場合

黒野ワンピースやスーツにストッキングと靴も黒にします。
アクセサリーはつけませんが、結婚指輪とパールだけは例外とされています。★

和装の場合は、三つ紋か一つ紋の地味な色無地に黒帯、バッグやぞうりは光沢のない黒にしましょう。★

通夜の前に喪服はNGです

訃報を受け、通夜の前に弔問する際に、喪服を着ていくのはやり過ぎです。
準備をしていた印象を与えて失礼にあたるため、地味な平服で弔問しましょう。

また、ネックレスをするときは1連のものに限ります。
2連以上は『不幸が重なる』という意味につながるとしてタブーとされています。
仏式の通夜・葬式・法事などに参列するときは数珠を持参します。
神式・キリスト教式では数珠は不要です。★

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - 弔問する時のマナー