はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

弔辞を頼まれた時に気をつけるべきマナーと読み方について

   

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

弔辞は会葬者を代表して故人の死を悼み、お別れを告げる最後のメッセージです。
依頼を受けたら断らずに引き受けましょう。

親しかった故人へ最後のメッセージを送る

弔辞は遺族が故人との関係を考えて、親交の深かった人の中からぜひにと思う人に依頼するものなので、よほどの事情がない限り断らずに引き受けましょう。

弔辞の原稿は、400文字詰め原稿用紙で2〜3枚、時間にして約3分程度に収めます。
故人とのつき合いを思い出しながら下書きをし、自分なりの言葉で弔意を表しましょう。
複数の人が長じを読む場合は、たいてい立場の違う人に依頼をするものですが、内容の重複を避けるため、念のために打ち合わせできると安心して行えるでしょう。

一般的な弔辞の内容

①故人と自分の関係
②故人の人柄・経歴・功績
③故人への感謝の言葉
④遺された者としての決意
⑤遺族への弔意
⑥結びの言葉

という内容で構成されますが、故人に贈る最後のメッセイージという意味合いから、親しい友人の場合、最初に『○○さん』と故人への語りかけで始まる事が多いそうです。
お別れの言葉とともに、故人の人となりを参列者に紹介するエピソードを盛り込むようにしましょう。

遺族へのいたわりと言葉遣いに留意しましょう

内容は遺族の気持ちに配慮して選びましょう。
故人が亡くなっていちばん悲しい思いをしているのは遺族です。
その事を忘れずに、感傷的すぎつ表現を控え、遺族へのいたわりの言葉を入れるとよいでしょう。
また、忌み言葉や宗教による言葉の使い分けも大事です。

弔辞を読むときはゆっくりと、はっきりと読みましょう

弔辞は、巻紙か奉書紙に薄墨の毛筆で書くのが正式な書き方です。
毛筆が苦手な場合は、無地の白い便箋や市販の弔辞用用紙にペンで買いてもかまいませんが、祭壇に捧げた弔辞は遺族が保管するものなので、丁寧に書きましょう。

読むときは、司会・進行役から紹介されたら、祭壇の一歩手前の一で喪主・遺族・参列者に黙礼します。
祭壇の前に進み出たら遺影に向かって一礼、弔辞を開いて読み上げます。

ぼそぼそとした声にならないように、はっきりとゆっくりと読みましょう。
下を向いて読み上げるだけでなく、時折顔を上げて遺影を見るようにするよより弔意も伝わります。
読み終えた弔辞は、包み直し表書きを遺影に向けて祭壇に供えます。

弔辞で気をつけたい言葉

一般的な忌み言葉

重なる、重ね重ね、繰り返し、返す返すも、くれぐれも、たびたび、しばしば、さらに、続く、死、死亡、死去、苦、四、九など死や不幸が重なる事を連想させる言葉

死を置き換えて表す表現

*一般*
死去、逝去、急去、永眠、不帰、逝く、世を去る、死出の旅、没する

*仏教*
往生、成仏、他界

*神道*
帰幽(きゆう)

*キリスト教*
帰天、焦点、召天

よく使う仏教用語(仏式以外の葬式では使用不可)

供養、往生、成仏、冥福

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - 弔問する時のマナー