はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

弔問客として法要・追悼儀礼に招かれた時の対応方法

   

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

施主から法要に招かれたら、すぐに返事を出し、できる限り出席をするようにしましょう。

すぐに返事を出しできる限り出席をしましょう

葬儀・告別式がすんだ、それぞれの宗教のならわしにしたがって法要や追悼儀礼が営まれます。
仏式の場合なら、四十九日や納骨、一周忌、三回忌と続きます。
これらは遺族や親族でおこなうのが一般的ですが、家族ぐるみのおつきあいがあったり、長年個人と深い関わりのあった人には、参列を依頼される場合があります。
法要・追悼儀礼は、案内を受けた人だけが参列するのが基本なので、招かれたらできる限り出席しましょう。

案内状にはたいてい返信用のハガキや同封されているので、招待状を受け取ったらなるべく早く返事をします。
施主側には出血の返事を待って準備をするため、出し忘れがないように注意しましょう。
返信と同時に電話で挨拶をしておくとより丁寧にでよいでしょう。

欠席の場合の対応方法

都合によりやむを得ず欠席する場合は、なるべく早く電話や手紙で欠席の理由やお詫びを伝え残念な気持ちを表します。

遺族を気遣う言葉もひと言添えましょう。
供物や供物料を送る場合は、法要の前日までに届くように手配します。
また、先方の都合を訪ねた上で別の日にあらためて自宅に伺い、お参りをさせてもらってもよいでしょう。

出席する場合の服装について

法要や追悼儀礼での服装は時間の経過とともに変化します。
それぞれの法要に合わせた服装を準備しましょう。

四十九日までの服装

四十九日の忌明けまでは喪服を着用します。
男性はブラックスーツに黒のネクタイ、白のワイシャツ、靴と靴下は黒。
女性は黒のワンピースやスーツ、黒のストッキング、黒のバッグが基本の服装になります。

一周忌までの服装

施主側は喪服を着用しますが、参列者はダークグレーや濃紺などの地味な外出着でもよいでしょう。
最近は参列者も一周忌までは喪服の場合が多いので、喪服の着用が無難ですが、平服のしていがあればそれに従いましょう。

三回忌以降の服装

平服でかまいませんが、グレーや紺、茶など地味な色のものを選び、光る素材は控えます。
神式やキリスト教の場合も仏式に順じ、神式の場合は一年目の一年祭、キリスト今日の場合も一年目の追悼式までは喪服を着用、それ以降は地味な平服になることが多いようです。

法要に参加する場合に持参するもの

供物よりも供物料を包むのが一般的とされています。
法要に出席する場合は、仏式なら線香、ろうそく、菓子、神式ならお酒、果物などの供物や供花を持参します。
法要・追悼儀礼はお寺や協会、式場でおこなうことも多く、供物より供物料(現金)を包む事が一般的になりました。
キリスト教では本来、お金を包む習慣はありませんが、日本式にならい『御花料』を送る事が多いようです。

金額はいずれの宗教の場合も、香典の半額が目安といわれていますが、式のあとの会食や引き物(おみやげ)代などの費用を考えると、一〜二万円包むのが一般的です。
遺族から『(供物料などの)心配は無用』という申し出を受けたら、香典の2〜3割の額を包むとよいとされています。

なお、法要を欠席して供物料だけ送る場合は、不祝儀袋に包みお詫びの手紙を添えて現金書留で送ります。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - 弔問する時のマナー