はじめての喪主(葬儀・葬式・告別式)

元葬儀屋が教える、はじめてでも安心の参列者・喪主の為の葬儀のマナー・手配の方法などを紹介

仏式の葬儀・告別式の流れ(弔問客として参加した場合)

   

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

仏式の葬式とは、葬儀と告別式を合わせたものを言います。

葬儀は故人をたて葬る式で本来は遺族や近親者、とくに親しかった人のみで営まれる宗教的な儀式です。
告別式は故人にゆかりのある人が揃って、最後のお別れをします。
そのため、告別式を『お別れの会』などとして別に催す場合もありますが、一般的には葬儀と告別式が続けておこなわれることが多く、たいていの場合は葬儀から参列します。

葬儀から参列する場合は、開始予定の10分前には会場に到着するようにしましょう。
受付でお悔やみの言葉をのべたら香典を渡します。
通夜で香典を渡している場合は受付にその旨を伝え、芳名帳への記帳だけにします。
⇒葬儀に参加する時の香典の相場について

焼香を終えたら目立たないように辞去してもかまいませんが、できれば出棺まで見届けましょう。

焼香のしきたりは宗派によって異なります

抹香(焼香のときに摘むお香の事)を落とす回数や線香の本数は宗派や地方にもよりますが、1〜3回(本)が目安です。
亡くなった人のために一途に祈る気持ちを表すためにも抹香は1回、線香も1本でよいと言われますが、迷った時は喪主の動作をまねるとよいでしょう。

立礼の焼香

順番に焼香台の前に進み、遺族と僧侶に一例をしてから焼香をおこない、済んだら再び遺族に一礼して自分の席に戻ります。
この方法が一番多い形になります。

座礼の焼香

順番が来たら次の日とに軽く会釈をし、膝をついたまま前に進む(膝行)か、腰を低くして霊前に進みでます。
祭壇前の座布団の手前に座り、遺族と僧侶に一礼、続いて遺影を仰いで深く一礼します。
座布団に座り、祭壇に向かって合掌してから焼香します。

回し焼香

人数が多い時や、会場が手狭な時は『回し焼香』にします。
盆にのった抹香と香炉が回ってきたら、軽く礼をして受け取り、自分の正面か狭ければ膝の上に置いて焼香します。
焼香を終えたら、次の人に回します。

線香焼香

おもな手順は抹香焼香の場合と同じです。
祭壇の前で合掌したあと、右手で線香を受け取り、ろうそくで火をつけたら左手に持ち替えて、右手であおいで火を消します。
再び右手に持ち替えて香炉を立てたら、遺影に向かって合掌し、一歩下がって一礼、退去します。

仏式の葬儀の流れ

①遺族・弔問客着席

通夜と同じく、祭壇に向かって右側に喪主・遺族・親族が並びます。
左側に葬儀委員長・世話役・知人・会社関係者などが選び、一般弔問客は先着順に着席します。

②僧侶入場、着席

参列者一同は、座席の場合は座ったまま、椅子の場合は規律をして合掌、礼拝します。

③開式の辞

進行役が開式のあいさつをします。

④読経・引導渡し

僧侶による読経。
これにより故人の霊に引導を与えます。

⑤弔辞拝受・弔電紹介

進行役が名前を呼び、通常1〜3人が弔辞を読みます。
次に進行役があらかじめ選んでおいた弔電2〜3通を読み上げます。

⑥遺族・親族の焼香

再び僧侶の読経。
僧侶に続いて、喪主・遺族・親族が焼香をします。

⑦参列者の焼香

遺族・親族に引き続き、参列者が席次順に焼香をします。

⑧僧侶退場

焼香が終わると僧侶は読経をやめて退場をします。
一同合掌礼拝をして見送ります。
椅子席の場合は起立をします。

⑨喪主のあいさつ

喪主・または遺族代表があいさつをします。
省略される場合もあります。

⑩閉式の辞

進行役が葬儀・告別式の終了を告げます。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

評判の良い葬儀手配サービス

全国対応!必要なものだけにしぼった格安葬儀『シンプルなお葬式』

本当に必要最低限に絞った全国対応の格安葬儀ならシンプルなお葬式。火葬式(直葬)14.8万円・一日葬27.8万円・家族葬39.8万円・一般葬などの規模が小さなお葬式から通常のお葬式まで追加費用なしでご案内。さらに、定額での僧侶手配もご用意。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承ります。

全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積りできる『葬儀レビ』

全国約400社の中から最大10社の無料見積もりで一番安い葬儀社で手配ができる。
格安で葬儀を考えている方にオススメです。

 - 弔問する時のマナー